子育て応援チケットの取扱事業者に郵送での申請をご希望の方は、申請書類一式をダウンロードし、下記のあて先までお送りください。

申請書類一式.pdf

郵送先住所

〒770-0847
徳島市幸町1丁目47番地3スタッフクリエイトビル3階
子育て応援チケット事務局 宛

取扱事業者募集要項

1 事業目的

新型コロナウイルス感染症の感染予防ため、マスクや消毒液の購入など、これまでになかった支出が家計を圧迫していることから、子育て世代の経済的支援及び感染症対策を支援するため、飲食店や薬局などで使用可能な「子育て応援チケット」を発行するものです。

2 発行する子育て応援チケットの概要

名称子育て応援チケット
発行総額2億6千5百万円(プレミアム部分含む)
プレミアム率60%
発行数53,000セット
1セット当たりの額面総額5,000円(販売額2,000円) 500円券×10枚で構成 うち8枚は飲食店限定 2枚は薬局等限定
購入対象者、購入上限数徳島市在住の小学校修了前の子ども又は、令和4年4月1日までが出産予定日の妊婦 合計26,500人
対象者1人当たりの購入上限数は2セットまで
販売期間令和3年8月10日~令和3年12月31日
販売方法徳島市より対象者へ購入券(はがき)を郵送し、受け取った対象者が所定の販売所にて購入する。
支払いは現金のみとし、クレジットカード等は使用できない。
販売場所アミコ地下1階、イオンモール徳島2階、キョーエイ5店舗 (タクト店、沖浜店、福島店、川内店、三ツ合橋店)
使用可能期間令和3年8月10日~令和4年1月31日
取扱事業者徳島市内に店舗を置き、公募に応じて事前登録をした飲食店又は薬局等の事業者。
飲食店はその場で飲食できる食堂、喫茶店等で、かつテイクアウトまたはデリバリーを実施している店に限る。
飲食店としての営業許可証が必要です。
薬局等は上記以外の店舗で、マスク・消毒液などの感染症予防・治療に関する商品を取り扱う店舗(薬局は薬局開設許可証、医薬品販売業許可証はじめ、店舗を営業するに当たっての許可証が必要です)
利用可能品目取扱事業者に承認された店舗で販売されるすべての商品を対象とする。*下記3に記載の一部商品を除く。
取扱事業者換金期間令和3年8月10日~令和4年2月15日の所定の支払日
但し1事業者あたりの換金回数を14回(月2回)以上設定する。
取扱事業者換金方法使用済みの子育て応援チケット原券と、販売実績など必要事項をすべて記入した換金申請書を添えて最寄りの提携郵便局の窓口に提出し手続きをする。その際登録証の提示を求めるので必ず持参すること。
後日子育て応援チケット事務局(以下「事務局」)より取扱事業者指定の口座へ申請書に記載の額面を振り込む。
支払い予定表

3 子育て応援チケットの使用対象とならないもの

  1. 出資や金融商品の購入
  2. 商品券やプリペイドカード、印紙、官製はがき、切手等の換金性の高いものの購入
  3. たばこの購入
  4. 国税、地方税や使用料などの国や地方公共団体への支払い
  5. その他、市が不適切と判断したもの

4 子育て応援チケットの種類

子育て応援チケットには「飲食店限定チケット」と「薬局等限定チケット」の2種類があります。
飲食店限定チケットはデリバリーやテイクウトをしている飲食店でのみ使用できます。
薬局等限定チケットはマスクや消毒液などを販売している薬局、ドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ディスカウントストア等でのみ使用できます。
取扱事業者は、収受する応援チケットの種類に応じて申請時に「飲食店」(飲食店限定チケットのみを取り扱う)「薬局等」(薬局等限定チケットのみを取り扱う)いずれかの業種を選択してください。選択しなかった方の応援チケットは収受できません。(換金できません)

5 留意事項

  1. 申請を受理した後、徳島市の承認を受け、正式に登録された取扱事業者においてのみ、子育て応援チケットを使用できるものとする。
  2. マスクや消毒液を販売している店舗は多岐にわたるが、子育て家庭への支援である事業の趣旨を踏まえ、取扱事業者は遊技場を対象外とするなど、今回の事業にふさわしい事業者を登録するものとする。
  3. 子育て応援チケットは使用期間内に限り使用可能とする。
  4. 現金との引き換え(転売)は認めない。
  5. つり銭は支払わない。
  6. 盗難・紛失・減失または偽造、模造等に対して、徳島市は責任を負わない。
  7. 不正行為が発覚したときには、損害賠償、登録の取り消し、換金の拒否その他の処分を行う場合がある。

6 子育て応援チケット取扱事業者の参加資格

  1. 徳島市内で営業しており、事前に参加申請・承認のあった店舗であること。
    飲食店は、食堂、喫茶店などその場で飲食できる店舗で、テイクアウトまたはデリバリーをしている店舗に限る。(飲食店限定チケットのみ使用可)
    またデリバリー、テイクアウトの専門店は除きます。
    薬局等は上記以外の薬局、ドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ディスカウントストアなどで、マスク、消毒液を販売している店に限る。(薬局等限定チケットのみ使用可)
  2. 徳島市内にて営業する店舗であれば本店、支店などは問わない。
  3. 次のアからオに該当する事業者は除く
    ア 特定の宗教・政治団体と関係するものや公序良俗に反する営業を行っているもの
    イ 役員等(法人にあっては非常勤を含む役員、支店または営業所の代表者、その他の団体にあっては法人の役員と同等の責任を有する者、個人にあってはその者及びおよび支店または営業所を代表する者をいう。以下同じ)が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴対」という。)第2条第2号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)であるとき。
    ウ 暴力団(暴対法第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)または暴力団員が経営に関与しているとき。
    エ 役員等が、自社、自己もしくは第三者の不正な利益を図り、または第三者に損害を加える目的をもって、暴力団または暴力団員を利用しているとき。
    オ 役員等が、暴力団または暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有しているとき。

7 子育て応援チケット取扱事業者の責務等

  取扱事業者は、次に掲げる事項を遵守すること。

  1. 利用可能事業者であることが明確になるよう、事務局が配布するポスター及びステッカーを利用者がわかりやすい場所に掲示し、PRに努めること。
  2. 子育て応援チケットには偽造防止措置を施しているが、受け取る際には必ず事務局が発行したものであるかどうか確認すること。
    なお、偽造防止措置がない、色合いが明らかに違うなど、偽造された子育て応援チケットと判別できる場合は、チケットの受け取りを拒否するとともに、すみやかに当事務局に報告すること。
    確認用として配布する見本チケットは、これを取り扱うすべての従業員に周知すること。
  3. 子育て応援チケットを受け取ったときは、再流通を防止するためチケット裏面の取扱事業者名を手書きまたはゴム印等で必ず記載することとし、既に取扱事業者の記載があるものは、受け取りを拒否すること。  
  4. 子育て応援チケットの交換及び転売は行わないこと。
  5. 取扱事業者としての参加は、子育て応援チケットの使用期間(令和4年1月31日 月曜日)までとなり、取扱事業者の都合による子育て応援チケット利用期間中の脱退はできない。
  6. 「徳島県新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止に関する条例」を遵守すること。
  7. この事業により個人情報を入手した場合は取扱事業者の責任において適正に管理すること。

8 子育て応援チケット取扱事業者への申し込み及び登録

  1. 子育て応援チケット取扱事業者としての登録は「6 子育て応援チケット取扱事業者の参加資格」の資格要件に該当するかを確認のうえ、子育て応援チケットホームページ(https://kosodate-support.jp)の取扱事業者登録申請フォーム(下記)より申込むこと。ホームページより申請ができない場合は「子育て応援チケット取扱事業者登録申請書兼誓約書」を事務局において配布する。
  2. 取扱事業者として登録された事業者は業種、所在地、電話番号、などを徳島市ホームページからリンクさせた子育て応援チケットの公式ホームページに掲載する。
  3. 参加申込受付期間
    令和3年7月15日~
  4. 申し込みのあった事業者については、徳島市による審査を経て取扱事業者として登録し、登録された事業者に対し、払い戻し用子育て応援チケット(払い戻しに応じる事業者のみ)、子育て応援チケット取扱事業者登録証、換金申請書、取扱事業者マニュアル及び店頭掲示用のポスター・ステッカーを配布する。
    ただし、申し込み内容に虚偽・不備がある場合には、承認後も登録を取り消す場合がある。

9 子育て応援チケットの取り扱いと換金について

  1. 取扱事業者は利用者から子育て応援チケットによる支払いを受けた場合には使用条件(釣銭は出さない。偽造に注意するなど)に則って適正に収受し、換金まで自身の責任において保管する。
  2. 払い戻しが発生した場合は払い戻し専用チケットにて収受額と同額の払い戻しを行う。但し、払い戻しを行わない旨を利用者に対し予め店頭にてわかり易く掲示してある場合は払い戻しに応じる必要はない。
  3. 利用者から領収書の発行を求められた場合は、当チケットの支払い分に対してのみ発行する。
  4. 換金を受けるためには、最寄りの提携郵便局へ、利用者より収受した「子育て応援チケット」と事務局から送付する「換金申請書」を共に提出し、換金申請書の控えを受け取り、換金手続きを行う。その後、郵便局から事務局へ申請書類が送られ、審査ののち事務局より取扱事業者指定の口座へ振り込む。
    ※郵便局での換金申請時には「登録証」の提示が必要である。
    ※換金窓口は次に掲げる市内19ヶ所の郵便局とする。
    • 久木郵便局
    • 島田郵便局
    • 田宮郵便局
    • 佐古郵便局
    • 吉野本町郵便局
    • 市民病院前郵便局
    • 住吉郵便局
    • 安宅郵便局
    • 沖洲郵便局
    • 上八万郵便局
    • 福島郵便局
    • かごや町郵便局
    • 二軒屋郵便局
    • 徳島駅前郵便局
    • 南昭和町郵便局
    • 大原郵便局
    • 勝占郵便局
    • 津田町郵便局
    • 城南郵便局

 ※換金時間は全局 9:00~15:00(平日のみ)

  1. 換金期間は令和3年8月10日(火)から令和4年2月15日(火)までとし、換金期間を過ぎてからの換金には応じられないので、必ず換金期間中に換金手続きを行うこと。
  2. 換金窓口における確認作業を簡素化するため、提出する応援チケットはあらかじめ収受日ごとにまとめておくこと。

10 取扱事業者の取消等

本募集要項に違反する行為が認められた場合、換金の拒否や参加店舗の承認取り消し、損害金の発生が生じた場合は請求する場合がある。